[PR]

 朝日新聞社と日本高野連は、8月6日に阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)である第97回全国高校野球選手権大会の開会式に、東日本大震災で被災した東北3県の吹奏楽部の高校生6人を招く。高校野球100年の「夏の甲子園」で、大阪府内の26校から参加する約150人と一緒に大会歌「栄冠は君に輝く」を奏でる。

 招かれるのは、岩手の県立久慈工業2年の日向美羽さん(16)=ユーフォニアム=、宮本彩乃さん(16)=スネアドラム。宮城の石巻好文館1年の相沢理蘭(りら)さん(16)=トランペット=、草刈咲樹(さき)さん(15)=同。福島の県立相馬東3年の山本愛美さん(18)=同=、渡辺佳子さん(17)=ユーフォニアム。

 久慈工業の宮本さんは、津波で船を流されてしまった漁師の父が、なんとか漁の再開にこぎつけるまでの姿を見てきた。「三陸の被災者が元気になれるような音色を響かせたい」

 吹奏楽部員は宮本さん、日向さ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら