[PR]

 京都市中京区の「京都国際ホテル」跡地に、再びホテルが建つ見通しになった。跡地を買い取った阪急不動産は、約7700平方メートルの敷地にマンションを建てる意向だったが、ホテルとしての再開発を要望する京都市の考えに応じ、別の業者に売る方針を固めた。

 1961年、藤田観光が開業した旧京都国際ホテルは、世界文化遺産になった二条城前にある。昨年12月、老朽化のため営業を終え、マンション開発が主力の阪急不動産に売却した。

 これに対し、「京都観光の最大の弱点は宿泊施設の不足」(門川大作市長)とみる京都市は、急増する外国人旅行者を取り込むためにも、跡地が引き続き宿泊施設として使われるよう求めてきた。1月には阪急不動産と親会社の阪急阪神ホールディングスに要望書を出し、再考を促した。

 阪急阪神の関係者は「京都市の求めに応じて検討してきた」と説明。京都市幹部は阪急不動産の方針について「以前からホテルとしての活用を求めているところだが、まだ何も聞いていない」と話した。