[PR]

 10月7日(水)~28日(水)から日生劇場で行われるA.B.C―Z主演「星(スター)劇場 ABC座2015」の詳細が発表になりましたね。

 第1部の“THE PLAY”は、演出が少年隊の錦織一清くん、音楽は、野村義男とTHE GOOD BYEのメンバーだった曾我泰久くんが担当。第2部の“THE SHOW”は、ジャニー喜多川社長監修。今回の最大の目玉は、新作の第1部で、A.B.C―Zがロックバンドに初挑戦することだと言われています。

 劇中歌「神様チャンスを」を会見で初披露したA.B.C―Zのメンバー。リードボーカル&ギターは橋本良亮くん、ギター&コーラスは戸塚祥太くん、ドラムス&コーラスは河合郁人くん、キーボード&コーラスは五関晃一くん、ベース&コーラスは塚田僚一くんが担当します。

 A.B.C―Zといえば、アクロバット・ボーイズ・クラブとして、ジャニーズきってのアクロバットの名手として有名です。

 が、私の彼らへの印象は少し違います。それは、ジャニーズの長い歴史を具現化できる唯一のグループだということ。だからジャニーさんは彼らのことが本当にかわいいんだろうなぁと感じることがしばしばあるのです。

 舞台「ジャニーズ伝説」で、A.B.C―Zが、ジャニーズ事務所の初代アーティスト、ジャニーズに扮したことがありました。私が初めて自分のお小遣いで買ったレコードは、ジャニーズの次にデビューしたフォーリーブスのデビュー曲でしたが、ジャニーズのことも、リアルタイムで知っています。

 「ジャニーズ伝説」を最初に見…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら