[PR]

(26日栃木決勝、作新学院9―2国学院栃木)

 強く、確実にボールをとらえる。作新学院が強打で5年連続の夏をつかんだ。

 一回に4番朝山が右翼席へ豪快な先制2ランを打ち込むと、三回は集中打で4点。四、七回には添田、赤木が一発を放った。「甘い球を確実にとらえられた」と添田。左が7人並ぶ打線がどんどんバットを振って甲子園を呼び込んだ。

 投げては右ひじ痛で調整が遅れていた朝山が、先発で今大会初登板。「一人一人に全力で投げ、次へつなごうと思った」。言葉通りに4右腕の継投で相手の反撃をしのいだ。昨秋は県大会準決勝で敗退し、「我々は弱いと気づき、しっかり練習を積んできた」と小針監督。「ようやく攻撃でも守りでも全員の心がひとつになった」と目を細めた。(編集委員・安藤嘉浩

こんなニュースも