[PR]

広島・長崎・核〈中〉

 1945年8月9日未明、南海の小島、テニアンを米軍のB29編隊が飛び立った。広島に続く2発目の原爆を搭載した爆撃機「ボックス・カー」のほか、気象観測機、計測機、写真撮影機からなる構成だった。

 写真撮影機には、米軍人に交じって、英国人2人がオブザーバーとして搭乗していた。

 その一人が当時27歳の空軍大佐、レナード・チェシャーだった。対ドイツ戦線では爆撃航空団長として対空砲火をかいくぐり、何度も奇跡的に生還した伝説の持ち主だ。核兵器が実際に使用される場面を軍人の目で見守らせ、今後に生かそうという首相、チャーチルの意向で派遣された。

 原子雲は完全なまでの対称性を保って長崎の上空へと巻き上がってきた。「『私に抗して戦うことはできない』と宣言しているかのようだった。安堵(あんど)と、やっと終わったという希望の後から、そのような兵器を使ったことに対する嫌悪感がこみ上げてきた」と後年、著書で振り返っている。

 戦後、彼の人生は一転した。福祉財団を立ち上げ、障害者のための施設運営に奔走した。生前を知る人は「一種の聖人だった」と語る。現代の英国では、レナード・チェシャーという名を聞けば、障害者福祉を思い起こす人の方が多い。

 その転身の陰に何があったのか。

■英軍人、正当化と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも