[PR]

 天意にはかなっても、人の掟(おきて)に背く恋は主人公の死で初めて社会に認知される。その悲劇を思うと恐ろしい。しかし、自分が縁談を受け入れ、既婚者になったとしても、それが三千代との間を隔てるものとはならないだろう。代助は縁談を断ることに決めた。実家で接客中の父を待つ間、日本中捜しても好きな人なんていないのだから、家族の薦めで結婚すれば丸く収まるという兄嫁に、代助はついに「私は好いた女があるんです」と言い切った。

こんなニュースも