[PR]

 ペットとして知られるアカミミガメ(ミドリガメ)が野生化して生態系に影響を与えているため環境省が駆除に乗り出す。29日、北村茂男副大臣が対策プロジェクトを発表する。

 北米原産の雑食性のカメで、最近は年間約10万匹が輸入されている。寿命は数十年、メスは最大2・5キロになる。露店やペット店で売られていた子ガメが、飼いきれなくなって捨てられて各地で繁殖。日本固有のカメとのエサの取り合いや、魚類、水生植物に対する食害などが起きている。

 このため、環境省は今年度から、全国的な現状調査を開始。生息数の推計や、生態系への悪影響を解明する。来年以降、いくつかの地域で駆除や捕獲技術開発などのモデル事業を始める予定だ。

 さらに飼育のあり方や生態系への影響について周知啓発を進めた上で、輸入規制や野外へ放すことを禁止する措置も検討する。環境省の担当者は「外来種対策の重要性への理解を深めるきっかけにしたい」と話す。(小坪遊