[PR]

 原爆投下からまもなく70年になる広島市に30日、英国の伝説的ロックバンドのメンバーが訪れた。「レッド・ツェッペリン」のギタリスト、ジミー・ペイジさん(71)。平和記念公園の原爆死没者慰霊碑に献花したあと、「戦後70年間、広島が被爆したことは全世界の人の心にあり続けた。平和を祈りたい」と語った。

 ペイジさんは44年前の1971年に広島を訪問。被爆の悲惨さを感じ、心に強く訴えかける体験だったといい、31日に発売されるCDのプロモーションの合間を縫って再び訪れた。

 慰霊碑への献花後は広島市役所へ行き、松井一実(かずみ)市長と面会。市長が慰霊碑に刻まれた「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」という言葉に触れると、ペイジさんは「犠牲者の気持ちを思い、いまを生きる私たちが平和を守るということですね」と応じた。(大隈崇)