[PR]

 英仏海峡トンネルを通って違法に英国へ向かおうとしたアフリカ出身の男性が29日朝、仏カレーのターミナルで死亡しているのが見つかった。列車に積み込むトラックに乗ろうとして転落したとみられる。周辺に住み着いた難民や移民らのうち、約2千人が同じように英国に渡ろうと機会をうかがっているという。仏英両国とも対策を急いでいる。

 AFP通信によると、死亡した男性はスーダン出身で25歳~30歳。ドーバー海峡をくぐるトンネルは列車専用だが車両を運ぶことができる。男性はトラックに飛び乗ろうとした模様だ。英国に向かおうとして死亡した例は今年6月から9人目という。

 中東アフリカから密航などで欧州に渡った難民や移民が英国に向かう場合、かつてはフェリーに潜り込む例が目立った。監視の強化にともない英仏海峡トンネルが使われるようになった。

 仏カズヌーブ内相は、英仏海峡トンネルを渡るのを手助けする組織の存在をあらためて指摘したうえで、監視のための警官を増やす考えを示した。(パリ=青田秀樹)

こんなニュースも