【動画】東京で開かれたシンポジウム「いま、沖縄と本土を考える」
[PR]

 沖縄の米軍基地問題などを考えるシンポジウム「いま、沖縄と本土を考える」(朝日新聞社主催)が29日、東京・築地の浜離宮朝日ホールで開かれた。沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事が基調講演を行い、約400人が参加した。

 翁長知事は講演で、沖縄が抱える米軍基地の負担を全国で分かち合うべきだと強調。安倍政権が進める米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設計画に反対していることへの理解を求めた。

 講演後のパネル討論では、日本総合研究所理事長の寺島実郎氏、作家で元外務省主任分析官の佐藤優氏、元陸上自衛隊研究本部長の山口昇氏が、本土と沖縄をめぐる状況などについて議論。普天間飛行場の辺野古移設を唯一の解決策とする政府の姿勢に対して「沖縄と向き合っていない」などと指摘した。(上遠野郷)

関連ニュース