[PR]

 菓子製造販売会社シャトレーゼ(甲府市)は30日、ウェブサーバーが外部から不正アクセスを受け、ウェブ会員約21万人分の電話番号やメールアドレス、誕生日などの個人情報が流出した可能性があると発表した。

 28日に社員がサーバーに外部からの不正アクセスの痕跡を確認。調査したところ、27日夜に不正操作され、オンラインショッピングなどを行うために登録するウェブ会員の情報が流出した可能性があると分かったという。

 同社は、ホームページのサービスの利用を停止し、利用者にメールなどで連絡している。