[PR]

 福岡県警小倉北署は、山口県山陽小野田市議、福田勝政容疑者(70)=同市有帆=を覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで緊急逮捕し、30日、発表した。容疑を認めているという。

 発表によると、29日午後4時ごろ、福田容疑者が北九州市小倉北区の市営団地の一室に突然入ってきたため、住民が「知らない人が家の中に入ってきた」と110番通報。言動が不審だったため、同署が任意で採尿したところ覚醒剤の反応が出たため、緊急逮捕した。7月中旬から29日の間に覚醒剤を使用した疑いがあるという。

 福田容疑者は1999年から旧小野田市議を務め、2005年の合併で誕生した山陽小野田市の市議となった。11年の山口県議選に立候補して落選したが、13年の山陽小野田市議選で3回目の当選を果たした。旧小野田市議になる前に覚醒剤を使った疑いで2回逮捕され、1回は服役。その体験をまとめた著書「薬物に負けた俺~獄中日記」を5年前に自費出版し、薬物の怖さを訴えていた。