[PR]

 東京都内のJR線や敷地内で8月中旬以降、ケーブル火災などが相次いでいる問題で、警視庁は31日、渋谷署に捜査本部を設置した。現場から燃えたペットボトルや針金が発見されていることから、威力業務妨害や器物損壊などの疑いで捜査する。

 捜査1課によると、8月に品川、渋谷、目黒の各区などで7件の不審火が確認されている。このうち、6件は事件の可能性があるという。複数の現場で燃えたペットボトルや針金が見つかっていることから、捜査本部は、防犯カメラの映像を解析するなど不審人物の洗い出しを進めている。

 「JR東日本品川変電所」(品川区)では、出火の瞬間が目撃されていた。23日午後8時ごろ、変電所敷地内で焼けたペットボトルなどが見つかったが、捜査関係者によると、通行中に目撃した男性は「自転車に乗った男が金網越しに火がついたものを投げ入れていた。炎が立ち上がった後男は自転車で立ち去った」と話しているという。近くの防犯カメラには、出火前後に付近を自転車で通り過ぎる男の姿が映っていた。

 手口の痕跡が残っていたのが、JR山手線・目黒―恵比寿間にある跨線橋(こせんきょう)(目黒区)だ。何者かが跨線橋のフェンスに穴を開け、ペットボトルと針金を使って架線を支えるための滑車を燃やした疑いがあり、30日午前2時過ぎ、点検中のJR職員が発見した。捜査1課によると、ほかにも複数の現場で燃えた針金が見つかっているという。