[PR]

 菅義偉官房長官は31日午前の記者会見で、安全保障関連法案に反対する市民による最大規模の抗議行動が全国で行われたことについて、「一部の野党、マスコミから『戦争法案』『徴兵制の復活』などと宣伝されており、大きな誤解が生じていることはきわめて残念だ」と述べた。

 そのうえで、菅氏は「国民の生命、平和な暮らしを守るのは政府の責任」と強調。「誤った認識を解く努力をしていきたい」とし、引き続き同法案の今国会成立をめざす考えを示した。

 また菅氏は、安定した職場として自衛隊に貧困層から入隊希望者が増える「経済的徴兵制」につながるという批判について問われ、「よくわからない。どういう部分で経済的徴兵制と言われているのか、私は認識ができない」と答えた。