[PR]

 仮想通貨ビットコインの取引所マウント・ゴックス(東京、破産手続き中)から大量のコインや預かり金がなくなったとされる事件で、警視庁は1日、社内口座を管理するシステムを不正に操作したなどとして、同社の最高経営責任者(CEO)でフランス国籍のマルク・カルプレス容疑者(30)を私電磁的記録不正作出・同供用容疑で逮捕し、発表した。

 カルプレス容疑者は「納得できない」と述べ、容疑を否認しているという。

 警視庁によると、カルプレス容疑者は2013年2月中旬、社内システムを数回不正に操作して、自身の社内口座に100万米ドル(約1億2400万円)の入金があったと偽り、口座の残高を水増しした疑いがある。警視庁はこの容疑とは別に、なくなったとされる預かり金について、カルプレス容疑者が着服した業務上横領の疑いもあるとみて調べる。

 同社はビットコインと現金の交換を仲介。昨年2月、管理していた85万ビットコイン(時価300億円)や現金がサイバー攻撃を受けて消失したと発表し、警視庁に相談していた。