[PR]

 広島は6日、原爆投下から70年となる「原爆の日」を迎える。午前8時から広島市の平和記念公園で平和記念式典が開かれ、核保有国の米、英、仏、ロシアを含む過去最多の100カ国の代表らが参列する。韓国などで暮らす在外被爆者・遺族も10年ぶりに出席し、松井一実(かずみ)市長が平和宣言で「核兵器は非人道性の極みだ」として廃絶を訴える。

 被爆者の平均年齢は80歳を超えた。亡くなる人も相次ぎ、被爆者健康手帳を持つ人は最も多かった約37万2千人(1981年3月時点)から約18万3500人(今年3月時点)まで減少。被爆者の体に配慮し、6日の式典は暑さ対策として参列席のほとんどをテント式屋根で覆う。

 原爆の日に先立つ5日、日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)は広島市内で集会を開き、「人類が平和で安全な地球に生存できるよう、被爆者は命ある限り市民社会と連携して訴えつづける」とした「被爆70年 広島・長崎宣言」を発表した。(岡本玄)

     ◇

 原爆ドーム(広島市)のそばを流れる元安川の水面に5日夜、「核と人類は共存できない」という文字が浮かんだ。哲学者で被爆者の故・森滝(もりたき)市郎(いちろう)さん(1901~94)が生前に遺(のこ)したメッセージ。「広島原爆の日」を翌日に控え、市民団体がプロジェクターを使って投影した。森滝さんの次女・春子さん(76)は「広島で一番大切な場所で発信でき、父も喜んでいると思う」と話した。