[PR]

 7月30日(木)、都内で行われた「『新生!ふくしまの恵み発信事業』新CM発表会」に行ってきました。

 イベントのキャッチには「TOKIO城島茂さん、松岡昌宏さんがふくしまの野菜をお届け」とあり、もちろんゲストはこのお2人。さらに、福島県知事の内堀雅雄さん、そして、この4月から福島県のクリエイティブディレクターに就任した著名なクリエーターで、「ゼクシィ」(リクルート)をはじめ、好感度ランキングで常に上位に入る人気テレビCMを数々手がけている箭内道彦さんです。

 まずは内堀知事がごあいさつ。知事はTOKIOの皆さんについて、「いつも応援してくださっている」「福島のことが『大好き』『第2の故郷』と言ってくださっている」と紹介。そして、箭内さん作の新CM3本がお披露目されました。

 「南郷トマト」篇(30秒)、「あかつき」篇(30秒)、そして「86500人の農業者」篇(60秒)。出演はもちろん、TOKIOの皆さんと、福島の皆さん。「語り」は、福島を舞台にしたNHK大河ドラマ「八重の桜」に出演し、ドラマと映画の「HERO」(フジテレビ系)でさらに知名度をあげた“話題性”で、松重豊さんが選ばれました。

 イベントの進行を任された箭内さんはまず、「4月にクリエイティブディレクターに就任したとき、過去の書類や数字の記録などを全てチェックしたんですが……、そのとき、本当にビックリすることがあって……」と話し始めました。「(そのことは)あんまり出てない話なんで、(話してしまったら)あとで怒られちゃうかもしれないけど……」と箭内さんが我々記者のほうを向いて、声をボリュームアップして紹介してくれたエピソード。それは、「TOKIOの皆さんの出演料の項目が『0(ゼロ)円』なんですよ!」ということでした。

 前段にも書いたように、箭内さんは日本の広告界のトップクリエーターです。たくさんの作品で、多くの有名タレントさんや所属事務所との間で、特に大きなお金が動く広告界にあって、「出演料 0円」ということに、本当に本当に驚かれたのだと思います。そんなことは、「ありえない……」という思いだったのでしょう。

 箭内さんは「何でなんですか?」とTOKIOの皆さんに聞いたのだそうです。するとメンバーからは、「恩返しがしたいんです」「もうしてくれなくていいよって断られるまで続けます」という力強い言葉だったといいます。

 そんなTOKIOの情熱と誠意にほだされて、「僕もゼロ円でやらせていただいています!」と箭内さん。もともと大人の男性たちに人気が高いTOKIOですが、彼らの福島県への想いは、箭内さんや内堀知事を始め、多くの大人たちの心を動かしているのです。

 そして、福島の農産物が山積み…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら