[PR]

 愛知県日進市で7月12日夜、無職川村典道さん(65)が刺殺された事件で、強盗殺人容疑で逮捕された同市に住む県立高校3年の少年(17)について、名古屋地検は4日にも、精神鑑定のための鑑定留置を始める。少年の説明には事件に関し一部を変遷させるなど矛盾点があり、複雑な家庭環境なども考慮したうえで慎重な捜査が必要だと判断したとみられる。

 県警などによると、少年は祖父母とおばの4人暮らしで、子どものころから両親と別居。逮捕後、川村さんを狙った理由を「祖父と似ていた」と説明したという。凶器のサバイバルナイフについて「捨てた」と話した後で「うそだった。友人に預けた」と言い直し、バッグを奪ったのに強盗目的を否認するなど、全体的に不自然な点も多い。

 捜査関係者によると、少年は取…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら