[PR]

 毎年多くの流れ星が見られる「ペルセウス座流星群」が、12日夜から14日未明にかけ見ごろとなる。14日が新月にあたるため、月明かりの影響がなく好条件だという。国立天文台の担当者は「今年は暗いものまでたくさん見える。夏休みに家族で星空に親しんでもらえれば」と話す。

 この流星群は、北東の夜空に上るペルセウス座付近を放射点に、すべての方向の空に流れる。視界が開けた場所を選び、広範囲を見るために肉眼での観察が適している。ピークは13日の日中の午後3時半で、前後の夜半から未明にかけ、多い時で1時間に30個超の流れ星を見られる可能性があるという。

 国立天文台は特設サイト(http://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/20150812-perseids/別ウインドウで開きます)で流星の見方を紹介。12日正午から観察報告も受け付ける。(奥村輝)