朝日新聞デジタルで2013年10月から連載中の「皇室とっておき」が本になりました。天皇、皇后両陛下や皇族方の知られざる日常、皇室にまつわる様々な話題を紹介してきたなかから、えりすぐりのエピソードを再構成しました。猛暑日が続く今も、皇室の方々は多忙な日々を送られています。近況をご紹介します。

天皇、皇后両陛下

 7月16日、両陛下は福島市を訪れ、東京電力福島第一原発事故の影響で周辺自治体から避難している住民6人と懇談しました。この福島県訪問は私的旅行の名目でしたが、面会は両陛下の意向を受けて実現したものです。両陛下が原発事故後、福島県を訪れるのは4回目になります。

 この6人は避難指示区域の飯舘村や浪江町などに自宅があり、現在は復興公営住宅で暮らしています。飯舘村の赤石澤京子さんは、天皇陛下から「自宅の除染は進みましたか」とたずねられ、「生活するにはまだ高いところがあります」と伝えました。除染後も自宅に戻れないという説明に、天皇陛下は「除染でも(放射能が)なかなか落ちないわけね。それは大変ですね」といたわっていました。

 避難生活中に転倒してけがをしたという浪江町の山田美雪さんには、「おつらくいらしたでしょう」「暑くなってくるからお体を大切になさって」と皇后さま。県内外で7カ所の避難先を転々としたという加村春美さんにも「よく耐えてらっしゃいましたね」と声をかけていました。

 懇談の最後、天皇陛下は全員を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら