[PR]

 米国の国家安全保障局(NSA)が日本政府の貿易交渉などに関する電話を盗聴していたと、内部告発サイト「ウィキリークス」が公表した問題で、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉を担当する甘利明TPP相は4日の記者会見で、「TPP交渉に関してはそういう事態(盗聴)を想定してやっている」と語った。

 甘利氏は約2年間、TPP交渉を担当しており「盗聴が事実とすればきわめてけしからんこと。可能なら事実関係を調べたい」とも語った。

 この問題について安倍晋三首相は4日の参院特別委員会で「事実であれば同盟国として極めて遺憾だ。引き続き米側に事実関係の確認を強く求めていきたい」と語った。

こんなニュースも