[PR]

 20人に1人いるとされる性的少数者(LGBT)の支援に向け、テレビ通販のショップジャパンを運営するオークローンマーケティング(本社・名古屋市)は、同性カップルの社員に結婚祝い金を出す制度を今秋から始めると4日、発表した。

 地方自治体による証明書を提出すれば、異性カップルと同様に、同性カップルも1万~3万円の結婚祝い金を受け取れるほか、6日間の結婚休暇をとれるようにする。東京都渋谷区が今秋から同性カップルへの証明書を発行するのに合わせ、社員からの提案で実現したという。同社の社員は約480人で、多くが東京都内で勤務する。

 同性カップルへの証明書は、4月に同性パートナーシップ条例を施行した渋谷区が全国で初めて今秋から発行するほか、世田谷区が実施を決めている。企業でも、英国の化粧品会社の日本法人ラッシュジャパン(本社・神奈川県愛川町)が今年1月、正社員が同性をパートナーとして届け出れば祝い金を支給し、結婚休暇や育児、介護の休暇を取れるようにするなど支援が広がっている。