[PR]

 JR九州は、九州新幹線や観光列車の客車内を、グーグルのインターネットサービス「ストリートビュー」で公開し始めた。車内を進みながら、好きな角度で車内を眺めることができ、まるで列車に乗っているような感覚が味わえる。

 対象は計九つの列車で、九州新幹線(800系)のほか、観光列車の「特急ゆふいんの森」「特急A列車で行こう」「SL人吉」「特急あそぼーい!」「いさぶろう・しんぺい」「特急はやとの風」「特急指宿のたまて箱」「特急海幸山幸」。

 JR九州は、ネットに公開することで、「世界にも発信でき、知名度も向上する」(青柳俊彦社長)と期待する。今後は、スイーツ列車「或(あ)る列車」を加える予定で、豪華寝台列車「ななつ星」も検討する。

 グーグルのストリートビューのほか、JR九州のサイト(http://www.jrkyushu.co.jp/trains/別ウインドウで開きます)でも見られる。(湯地正裕)

関連ニュース