【動画】王さんが始球式=朝日放送提供
[PR]

(6日、全国高校野球選手権大会)

 左腕から放たれた白球は、勢いよく捕手のミットに収まった。鹿児島実―北海(南北海道)の開幕試合で始球式を務めたのは、プロ野球福岡ソフトバンクホークス球団会長の王貞治さん(75)。元プロ野球選手としては史上初めて始球式を行った。

 王さんは開会式で母校の早稲田実(西東京)の入場行進を見守った。その後の開幕試合で、後攻の北海の選手が守備についた後、白いシャツに帽子姿の王さんがマウンドへ。「高校野球100年」の横断幕を持った、第1回大会出場校の現役部員を背に、鹿児島実の1番打者・有村健太選手に向けて投げた。外角のストライクゾーンに決まり、観客からは大きな歓声と拍手が沸き起こった。

 歓声に帽子を取って応えた王さんは「内心、自分でもドキドキしていました。試合に出ている人たちの勢いを感じたので、出ている選手たちのためにと思って投げました。思ったよりも良かった」と笑顔で語った。

 プロ野球で通算868本塁打の世界記録を持つ王さんは、早稲田実ではエース兼主力打者として活躍。1年生だった第38回大会(1956年)から4季連続で甲子園に出場。2年生の時には春の第29回選抜大会で優勝投手となり、夏の第39回大会では無安打無得点試合も達成した。

 「甲子園は野球の原点。勝った、負けたではない。ファンも特別な思いを持って見てくれている。選手は思いきって、胸を張って堂々と戦って欲しい」とエールを送った。

 球場内で王さんの始球式を見た早稲田実の加藤雅樹主将は、自身が捕手でもあり、「正直、自分が受けたかったなと思いました」。そして、「王さんの姿を見て、改めて早実の伝統を感じましたし、高校野球100年の節目の年にこの地に来られてよかった」と話した。

     ◇

 開幕試合で始球式を務めたプロ野球福岡ソフトバンクホークス球団会長の王貞治さん(75)に、朝日新聞社の渡辺雅隆社長から記念の写真パネルが贈呈された。

 パネルには、早稲田実(東京)の2年生だった1957年夏の第39回大会に出場したときの写真が使われた。11回を投げて無安打無得点試合を達成した2回戦の寝屋川(大阪)戦で投球している姿や集合写真があった。