[PR]

 お笑い芸人、又吉直樹さんの受賞が話題を呼ぶ芥川賞。研究の進展が著しい人工知能(AI)でも、そんな小説を生み出せるのではないか。複数の大学グループが挑戦中で、この秋に文学賞に応募する動きもある。

 そもそも、どうやって文章を生み出すのか。現状では、人間が何らかのデータを入力してやらないと、AIが全く新たな小説を作り出すことはできない。一般的なのが、人が書いた小説やインターネット上の文章などを利用する方法だ。

人との「共作」、文学賞に応募へ

 公立はこだて未来大(北海道函館市)の松原仁(ひとし)教授(人工知能)が代表を務め、名古屋大や法政大などの研究者でつくる合同グループが活用するのが、短編小説「ショートショート」の名手だったSF作家、星新一(1926~97)だ。

 文章生成を担当する名古屋大大学院の佐藤理史(さとし)教授(自然言語処理)によると、約1千話ある星作品から、よく使われる単語や文章構成、人物表現などを分析。それを元にまるで星が書いたかのような「新作」を作る。

 研究当初、主語や動詞を変えたり、会話を入れ替えたりした文章を自動で大量に作り、意味が通る文章だけを抜き出す方法を検討したが、単文はできるものの、長文ができる確率があまりに低いため断念。今は人間が文章構成を考え、狙った文章が出力されるようにプログラムを細かく作り込んでいる。人との「共作」を、9月に理系的な発想力を問う文学賞「星新一賞」に応募する予定だ。「プログラム作成者も予期できないくらい、たくさんの種類の文章が生み出せれば、AIが書いたと認めてもらえるのでは」

■「すさまじく難…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら