[PR]

 JR京浜東北・根岸線の架線事故が、首都圏の動脈を直撃した。4日夜、並走する東海道線など3線も運転を見合わせたほか、高崎線など4線に運休や遅れが出た。会社帰りのサラリーマンのほか、花火大会の観覧客も加わり、混雑した車内は、真っ暗で蒸し風呂のようになった。横浜市や都内の駅では混乱が深夜まで続いた。

 架線が切れた現場に近い桜木町駅には午後9時過ぎ、駅間に停止した電車から線路に降りて歩いた乗客らが次々とたどり着いた。

 京浜東北線の南行き電車に乗っていたという女性(40)は、「横浜と桜木町駅間を走っている時に急停車した。車内が真っ暗になり、キャーと叫ぶ女性の悲鳴が聞こえた。びっくりした」と話した。

 東京都江東区の会社員男性(30)は花火見物に向かう途中だった。「急にがたんという音がして停車し、悲鳴が上がった。車内が真っ暗になり、クーラーも切れて蒸し暑かった。泣いている子どももいた」

 同じく花火大会に向かっていた世田谷区のウェブデザイナーの男性(24)は、桜木町駅の手前で停車した車内に1時間半以上閉じ込められた。窓を開けてもかなり蒸し暑かったという。男性はアナウンスの指示に従い、午後9時ごろ、10分ほど線路を歩いて桜木町駅に到着した。花火大会は終わっていた。「どうやったら帰れるのだろうか」と疲れた様子で話した。

 地下鉄東京メトロや東急、小田急など20社が振り替え輸送を行い、影響は首都圏の広範囲に及んだ。京浜急行の品川駅では改札に入場規制がかけられ、多くの通勤客らでごったがえした。ふだんはJRを使って横浜に帰宅する会社員女性(32)はホームで満員電車を見て「嫌になりますね」とぼうぜんとしていた。

 タクシー乗り場には午後10時過ぎも100人ほどの列ができていた。東京都大田区の会社員、大長賢次さん(50)は「人が多すぎて、とても電車に乗る気になれない。痛い出費です」。会社員山口小春さん(21)は運転見合わせを知らせる駅掲示板を見て、「どうやって帰ったらいいんだろう」と途方に暮れていた。