[PR]

 茨城県の海岸で大型のサメが確認され、鉾田、鹿嶋、神栖の3市と大洗町は5日、設置している計7カ所の海水浴場を遊泳禁止にした。サメによる被害の報告はないという。

 県によると、鉾田市の大竹海岸鉾田海水浴場付近などで4日夕と5日朝にサメ2匹を目撃したとの情報が市に寄せられた。海上保安庁の航空機と県警のヘリが巡視したところ、5日午後、鉾田市汲上の海岸から5~20メートルのあたりで体長4メートル級のサメ2匹が確認された。

 アクアワールド大洗水族館(大洗町)が撮影された画像を調べた結果、メジロザメ系のサメとみられるという。

 6日も、検討中の神栖市を除く3市町が遊泳禁止を決めており、安全が確認されれば解除する見通し。