重厚な筆致で海軍軍人の人間像を描いた「山本五十六」「井上成美」などで知られる作家で文化勲章受章者の阿川弘之(あがわ・ひろゆき)さんが3日、老衰で死去した。94歳だった。葬儀は近親者で営まれる。

 広島市生まれ。旧制広島高校在学中に、小説を発表し始めた。1942年に東大国文科を繰り上げ卒業して海軍予備学生に。中国大陸で敗戦を迎え、捕虜生活の後、復員して故郷の惨状を目の当たりにした。

 46年発表の短編「年年歳歳」で復員体験を描き、志賀直哉に認められて文壇デビュー。その後も、志賀文学から学んだ端正な私小説を書いた。

 戦中、戦後の一途な青春像を描いた長編「春の城」(52年)で読売文学賞。広島原爆の後遺症に苦しむ人々を描いた「魔の遺産」、学徒出陣した特攻隊員の苦悩をテーマにした「雲の墓標」など、優れた戦争文学を著した。吉行淳之介、遠藤周作らとともに「第三の新人」とも呼ばれた。

 「山本五十六」を皮切りに伝記文学にも力を注ぎ、「米内光政」に続く海軍提督3部作の完結編「井上成美」で87年に日本文学大賞。94年には、師を描いた評伝「志賀直哉」で野間文芸賞を受けた。

 また、古びた機関車が主人公の童話「きかんしゃやえもん」は児童文学のロングセラーとなっている。

 79年に日本芸術院会員、99年に文化勲章を受けた。

 長男は慶応大学教授の阿川尚之さん、長女は作家・エッセイストの阿川佐和子さん。