[PR]

 安倍晋三首相が6日、被爆70年を迎えた広島市の平和記念式典でのあいさつで、「非核三原則」に言及しなかった。安全保障関連法案の5日の参院審議では、核兵器の輸送も法律上は可能という政府の見解が示されたばかり。こうした安倍政権の姿勢が「国是」の揺らぎにならないかという懸念につながっている。

 安倍首相は平和記念式典のあいさつで「『核兵器のない世界』の実現に向けて、一層の努力を積み重ねていく」などと述べた。だが、核兵器を「持たない」「作らない」「持ち込ませない」とする日本政府の政策「非核三原則」には触れなかった。

 首相の式典出席が定例化した1994年以降で三原則に触れなかったのは初めてだ。安倍首相は第1次政権を含めて過去3回、式典に出席。いずれも三原則に触れていた。

 安倍首相は式典後、被爆者代表からの要望を聞く会では「非核三原則を堅持しつつ、恒久平和の実現に向けた努力をリードする」と言及した。式典では触れなかったことについて、菅義偉官房長官は6日の記者会見で「非核三原則はある意味当然のことで、全く揺るぎがない」と説明。官邸幹部は同日、「核への取り組みは変わらないと強く言っている。触れなくても同じことだ」と語った。

 だが、首相が式典で言及しなか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも