[PR]

 漫画「ときめきトゥナイト」や「ちびまる子ちゃん」を連載し、1990年代には発行部数250万部を誇った少女向け漫画月刊誌「りぼん」(集英社)が今月、創刊60周年を迎えた。作品とともに少女らの心をつかんだのは、工夫をこらした付録だ。愛らしい品々からは、少女たちの心の変遷が浮かび上がる。

 最新の9月号まで721号が発行されたりぼん。その付録約3700点を紹介する「りぼんの付録全部カタログ」(集英社)が7月末に発売された。著者はフリー編集者の烏兎沼(うとぬま)佳代さん(54)。物心ついた頃から読者で、毎月の付録に夢中になった。「もったいなくて使えませんでした」

 55年に創刊されたりぼんは、前年に創刊された「なかよし」(講談社)と二大少女漫画誌とされ、競争の目玉になったのが付録だった。

 創刊当初は、本誌は活字の読み物が中心で、付録の別冊が漫画。題材も「イソップ」などの童話が中心だった。「漫画が悪書と言われた時代で、教育的な要素があったと思われます」。創刊3号目からグッズの付録もついた。下敷き、しおり、カレンダー……。それぞれにイラストがついた。

60年代はプリンセス

 60年代の少女らはプリンセスに憧れた。シンデレラ、かぐや姫、白雪姫。民間から皇室に入った美智子妃の付録も何度となくついた。「美智子妃殿下へのお手紙」と題されたレターセットは、封筒の表に「美智子様へ」と宛名があり、文章の見本もあった。「女の子の礼儀入門として、手紙の書き方を伝える意図があったと思います」

 高度経済成長を受け、国民の生…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら