[PR]

 この日父に会えなかったが、次回のために代助は心を固めておきたかった。大きなユリをたくさん買って部屋に生け、三千代を呼びにやった。「何か御用なの」と問う三千代に、彼女の兄・菅沼が存命中の頃を思い出すためユリを用意したと話す。菅沼は妹をかわいがり、趣味の分野の教育を代助に任せた。三つどもえの関係が一つになる直前で1人が欠けバランスが崩れたのだ。この5年間を語り合い、「僕は、あの時も今も、少しも違っていやしないのです」と告げた。

こんなニュースも