[PR]

(8日、高校総体)

 新体操男子団体の鹿児島実が、独特の「お客さんを笑わせる」演技で会場を沸かせた。アニメ「妖怪ウォッチ」のテーマに合わせて踊り出すと、会場は拍手に包まれた。部員で約100本のネタを集めて振り付けを決めた。ほかにもザ・ドリフターズのお色気ネタやヤクザ映画「仁義なき戦い」の一場面もはさんだ。

 技も磨こうと休日は8時間も練習。倒立は少しずれたが、宙返りはきれいに決めた。結果は19位でも穂満(ほまん)力也主将(3年)は「悔いはないです。拍手が気持ちよかった」と満足そうだった。

こんなニュースも