[PR]

 大型で強い台風13号が8日、台湾を横断し、暴風雨により全土で洪水や土石流の被害が広がった。当局のまとめでは、同日午後9時までに5人が死亡し、180人以上が負傷。4人が行方不明となった。

 台湾中央通信によると、北部の新北市で8日午前、男性が土石流にのみこまれて死亡した。宜蘭県では降り始めからの雨量が1200ミリを超え、平年の半年分にあたる雨が数時間で降ったという。各地で交通網が寸断され、飛行機の欠航や鉄道の運休も相次いだ。延べ約400万世帯が停電し、1985年の台風による279万世帯を上回る記録的な規模となった。(広州=延与光貞)

こんなニュースも