[PR]

 8日午前10時5分ごろ、東京都板橋区板橋4丁目の住宅で人が倒れている、と119番通報があった。駆けつけた救急隊員が高齢の女性3人が室内で死亡しているのを発見。いずれも外傷はなく、板橋署は熱中症の可能性があるとみて死因を調べている。

 署によると、亡くなったのはこの家に暮らす3姉妹で、蔵津直子さん(90)と湯浅登喜(とき)さん(86)、坂本登茂(とも)さん(82)。

 署の説明では、蔵津さんは寝室の畳の上で、湯浅さんは玄関の板の間にあるソファで、坂本さんは居間の畳の上で、それぞれ仰向けや横たわった状態で倒れていた。署は3人とも死後3~4日程度とみている。3人と連絡が取れないことを不審に思った親族の依頼で訪ねた知人が、湯浅さんが倒れているのを見つけた。

 署によると、居間にはエアコンがあったが、3人が見つかった際には使われていなかった。3人は夫と死別するなどして、10年ほど前から同居していた。親族に「エアコンが嫌いだ」と話していたという。

 東京都心は7月31日から今月7日まで、8日連続で最高気温が35度以上の猛暑日だった。