皇后さまは9日午後、東京大学医学部付属病院(東京都文京区)で心臓の冠動脈のCT(コンピューター断層撮影)検査を受けた。宮内庁によると、冠動脈が細くなり、心臓に十分な血液が行き渡らない「心筋虚血」の症状が現れ、胸の痛みにつながっていた可能性があるという。強いストレスなどが原因とされ、今後は経過を観察しながら、予定通り公務などを続けていく。

 同庁の説明では、この日の検査で、3本ある冠動脈のうち、2本の計3カ所に動脈硬化による狭窄(きょうさく)が認められた。だが、いずれも軽度で、胸の痛みにつながるようなものではなかった。このため、強いストレスや激しい運動が原因で一時的に「心筋虚血」とみられる症状が出ていると判断した。

 同庁は強いストレスや激しい運動を避けるよう配慮するとともに、胸痛の状況次第では薬剤治療も視野に入れる。この日は天皇陛下も病院を訪れ、お二人で検査結果を聞いた。両陛下は結果に安堵(あんど)した様子だったという。

 皇后さまは6月末から胸の痛みを訴え始め、当初は1週間に数回程度だったが、1日のうちに何回も出るようになった。7月24日に心電図検査を受け、心筋虚血が疑われていた。(島康彦、伊藤和也)