[PR]

(9日、津商9―4智弁和歌山)

 津商が敵失に乗じて攻勢をかけた。五、六回はともに2死からの適時打でしぶとく1点ずつ奪い逆転。七回は小河内、辻の三塁打などで突き放した。智弁和歌山は一回に3連続長短打で2点を先行したが、守りの乱れからリズムが崩れ、立て直せなかった。

こんなニュースも