[PR]

 福岡市早良区百道浜のシーサイドももち海浜公園に設置されていたアルミ製の「サザエさん」(高さ約1・2メートル、厚さ約2センチ)のシルエット像が足元から折られていたことがわかった。早良署は器物損壊事件として調べている。

 公園管理事務所によると、サザエさん、カツオ君、ワカメちゃん、タラちゃんのシルエット像4体があった。7月14日朝、清掃に訪れた職員がサザエさん像が倒れているのを見つけ、管理している区が署に被害届を出した。4月末にもサザエさん像が曲げられる被害があったという。

 像は「サザエさん通り」を紹介する看板横に3月、区が設置した。区の担当者は「通りに親しんでもらいたいと思って設置したので残念」と話している。(田中翔人)