【動画】お盆休み重なり富士山混雑=河合博司撮影
[PR]

 富士山の吉田口登山道は9日、お盆休みも重なり、ご来光を目当てに山頂を目指す登山者で未明から混雑した。

 日の出は午前4時48分。8日午前0時から日付が変わるまでに6合目安全指導センターを通過した5683人の登山者の多くは、7合目や8合目の山小屋に宿泊して未明から山頂を目指した。

 午前3時には9合目以上の登山道が人で埋まり動けない状態。登山道を管理する安全誘導員7人が登山道を2列にし、右側を速く登るひと用にと呼びかけたが、渋滞は午前6時まで解消しなかった。

 渋滞にしびれを切らした外国人登山者3人が登山道を外れ、斜面を登りだす騒動も発生。制止を振り切って登り、大人の頭大の落石を誘発して、下で並ぶ登山者が騒然とする場面もあった。安全誘導員の萩原規夫(のりお)さん(53)は「増えている外国人登山者に指示が徹底できず、渋滞がよりひどくなっている」と話した。