[PR]

 9日午前11時ごろ、高知県大月町安満地(あまじ)の安満地漁港の西約2キロの沖合で「ダイビング中に女性がおぼれた」と、一緒にいた男性が119番通報した。県警によると、高松市多肥下町の看護師柴田真由美さん(40)で、搬送先の病院でまもなく死亡が確認された。水死とみられるという。

 県警宿毛署によると、柴田さんは9日午前10時20分ごろからインストラクターの女性や夫、知人男性らとともに海に潜った。柴田さんは空気を吸うために口にくわえる「レギュレーター」が外れてもがいていたといい、インストラクターが気づいて救助しようとしたという。現場の水深は約3メートルだった。