【動画】海藻アカモク、増す存在感=田中美保撮影
[PR]

 ワカメやメカブに比べて知名度は低い海藻の「アカモク」が、じわりと存在感を増している。食物繊維やカルシウムなどの栄養価が高く、スーパーや飲食店のメニューにも。東日本大震災で津波をかぶり、この春に4年ぶりに生産を本格再開した岩手県などの産地も、地元の名物にしようと動きだした。

 大手スーパーのイトーヨーカドーは7月、首都圏にある20~30の大型店で、アカモクを売り始めた。

 3月に開いた三陸地域の商品や特産品のフェアで出し、試食でサラダなどメニューを紹介したところ、「予想以上の売れ行き」(担当者)だったからだ。粘り気に加え、シャキシャキとした食感や、他の食材と合わせやすい、クセのなさが受けたという。首都圏でスーパーを展開するいなげや(東京都立川市)も、10月から10店舗ほどで岩手産のアカモクを売り出す。

 全国にラーメン店などをもつ外…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら