天皇、皇后両陛下は11日夜、東京・赤坂のサントリーホールで、コンサート「平和の夕べ」を鑑賞した。皇后さまが心臓の精密検査を受けてから公の場に姿を見せたのは初めて。満場の拍手に迎えられ、天皇陛下とともににこやかに会釈した。広島交響楽団が被爆70年の節目に平和への思いを込めた演奏に、じっと耳を傾け、笑顔で拍手を送った。

 皇后さまは胸痛を訴え、9日の精密検査で、冠動脈が細くなって心臓に十分な血液が行き渡らない「心筋虚血」とされ、経過観察が必要と判断された。(伊藤和也)