[PR]

 《解説》過酷事故を経験した日本は、再び原発を使い続ける道を歩み始めた。それは、事故が起こりうるリスクを抱えた社会に戻ることを意味する。

 川内1号機の原子炉では核分裂反応が始まり、核燃料が高い熱と強い放射線を放ち続ける。原子炉を停止しても、熱はすぐにはおさまらない。もしここで設備が壊れるなどして十分に冷やすことができなくなれば、やがて炉心溶融に至る。

 福島第一原発のような事故を起こさないよう、安全対策を根本から見直すことを電力会社に求めたのが、新規制基準だ。事故を教訓に「安全神話」を排そうとした。つまり、事故が起こりうることを前提にした。

 言い換えれば、一定規模の事故…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら