[PR]

 宗助が電車の終点まで来て、運転手に切符を渡した時には、もう空の色が光を失いかけて、湿った往来に、暗い影が射(さ)し募る頃であった。降りようとして、鉄の柱を握ったら、急に寒い心持がした。一所に降りた人は、皆(みん)な離れ離れになって、事あり気に忙がしく歩いて行く。町のはずれを見ると、左右の家の軒から家根(やね)へかけて、仄白(ほのしろ)い烟(けむ)りが大気の中に動いているように見える。宗助も樹の多い方角に向いて早足に歩を移した。今日の日曜も、暢(のん)びりした御天気も、もう既に御しまいだと思うと、少し果敢(はか)ないようなまた淋(さみ)しいような一種の気分が起って来た。そうして明日(あした)からまた例によって例の如く、せっせと働らかなくてはならない身体(からだ)だと考えると、今日半日の生活が急に惜くなって、残る六日半の非精神的な行動が、如何(いか)にも詰らなく感ぜられた。歩いているうちにも、日当(ひあたり)の悪い、窓の乏しい、大きな部屋の模様や、隣りに坐っている同僚の顔や、野中(のなか)さんちょっとという上官の様子ばかりが眼に浮かんだ。

 魚勝(うおかつ)という肴屋(さかなや)の前を通り越して、その五、六軒先の露次(ろじ)とも横丁とも付かない所を曲ると、行き当りが高い崖(がけ)で、その左右に四、五軒同じ構(かまえ)の貸家が並んでいる。ついこの間までは疎(まば)らな杉垣(すぎがき)の奥に、御家人(ごけにん)でも住み古したと思われる、物寂(ものさび)た家も一つ地所のうちに混っていたが、崖の上の坂井(さかい)という人が此所(ここ)を買ってから、忽(たちま)ち萱葺(かやぶき)を壊(こわ)して、杉垣を引き抜いて、今のような新らしい普請(ふしん)に建て易(か)えてしまった。宗助の家は横丁を突き当って、一番奥の左側で、すぐの崖下だから、多少陰気ではあるが、その代り通りからは尤(もっと)も隔っているだけに、まあ幾分か閑静だろうというので、細君と相談の上、とくに其所を択(えら)んだのである。

 宗助は七日(なのか)に一返の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも