[PR]

 宗助と小六(ころく)が手拭(てぬぐい)を下げて、風呂から帰って来た時は、座敷の真中に真四角(まっしかく)な食卓を据えて、御米(およね)の手料理が手際(てぎわ)よくその上に並べてあった。手焙(てあぶり)の火も出掛(でがけ)よりは濃い色に燃えていた。洋燈(ランプ)も明るかった。

 宗助が机の前の坐蒲団(ざぶとん)を引き寄せて、その上に楽々と胡坐(あぐら)を搔(か)いた時、手拭と石鹼(シャボン)を受取った御米は、

 「好(い)い御湯だった事?」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも