[PR]

 御米は女だけに声を出して笑ったが、御櫃(おはち)の蓋を開けて、夫の飯を盛(よそ)いながら、

 「兄さんも随分呑気(のんき)ね」と小六の方を向いて、半ば夫を弁護するようにいった。宗助は細君から茶碗(ちゃわん)を受取って、一言(ひとこと)の弁解もなく食事を始めた。小六も正式に箸(はし)を取り上げた。

 達磨はそれぎり話題に上(のぼ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも