[PR]

 12日午前2時45分ごろ、愛知県武豊町若宮の県営住宅敷地内で、腹から血を流している男性を近所の女性が見つけた。男性は「ボーガン(洋弓銃)で撃たれた」と話していたといい、右胸には矢が刺さったような傷があった。さらに腹と腕にも刃物で切られた傷があるが、命に別条はないという。県警は殺人未遂事件として半田署に捜査本部を設置。現場から逃げた男の行方を追っている。

 県警によると、男性(31)は同町在住で、家業の新聞配達のため、事件の約15分前に原付きバイクで店を出た。襲われた後、自力で数十メートル歩き、路上に倒れ込んだとみられるという。

 現場では当時、「助けて」「この野郎」などの男性同士の言い争う声が聞かれており、近くの集合住宅の複数の住民が、黒い目出し帽をかぶった男が現場から黒い車で逃げていくのを目撃しているという。現場に洋弓銃の矢は残されていなかった。

 近所の男性(65)は「家で寝…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら