[PR]

 国土交通省は12日、シンドラーエレベータ(東京都)の保守点検担当の元男性社員(36)=5日付で懲戒解雇=が6~8月、東京都や千葉県の集合住宅で管理するエレベーターを故意に7回停止させたと発表した。住民ら7人が1人ずつ最大45分閉じ込められ、気分が悪くなり救急搬送された女性もいた。

 国交省によると、被害が出たのは全て都市再生機構(UR)の物件。元社員はエレベーターが動き出した後に工具で安全装置を作動させ、停止させた。2日に茨城県のホテルで本人が閉じ込められ、シンドラーエレベータが事情を聴いたところ7件の関与を認めた。

 元社員は「会社とトラブルがあり、困らせようと思った」と話しているという。同社は6月15日、仕事の成果が基準に達していなかったとして、元社員を管理職から一般社員に降格させていた。

 11日に連絡を受けた国交省は、元社員が保守点検した可能性がある物件の緊急点検を指示した。同社は「今後、より一層のコンプライアンス(法令や社会規範の順守)の徹底を図ることで信頼回復に努める」とコメントを発表した。

故意のエレベーター閉じ込めが発生した物件

①6月28日、UR稲毛海岸駅前プラザ1号棟(千葉市)

②7月9日、UR浦安マリーナイースト21 潮音の街7号棟(千葉県浦安市)

③7月28日、UR稲毛海岸駅前プラザ3号棟(千葉市)

④7月29日、UR稲毛海岸駅前プラザ3号棟(千葉市)

⑤7月30日、URプロムナード荻窪4号棟(東京都杉並区)

⑥7月31日、URプロムナード荻窪4号棟(東京都杉並区)

⑦8月1日、URシャレール新蒲田(東京都大田区)