[PR]

 大リーグ、マリナーズの岩隈久志投手(34)が12日、本拠シアトルで行われたオリオールズ戦に先発し、無安打無得点試合(ノーヒットノーラン)を達成した。ノーヒットノーランは日米通じて自身初めて。

 日本選手が大リーグで達成するのは、1996年ドジャース、2001年レッドソックスで記録している野茂英雄投手に次いで2人目だ。

 岩隈は四回先頭に四球を許すまでは完全投球。この回は2死後にも四球を与え、一、二塁のピンチを招いたが、パレデスを空振り三振に仕留めて切り抜けた。116球を投げて3四球、7奪三振で今季4勝目(2敗)を挙げた。

 今季の大リーグではクリス・ヘストン(ジャイアンツ)、マックス・シャーザー(ナショナルズ)、コール・ハメルズ(フィリーズ=現レンジャーズ)に続き4人目。

こんなニュースも