[PR]

 中国・天津市の「浜海新区」の危険化学物質倉庫で12日夜起きた爆発事故は、13日夕までに死者は50人にのぼり、けが人は700人を超えた。現場は中国の主要港に造られた開発区。進出する日系企業への被害に加え、通関業務などの経済活動への影響も懸念されている。

 中国共産党内では、習近平(シーチンピン)国家主席に近い黄興国市長の責任を問う声が出ており、政局に発展する可能性もある。

 中国メディアによると、炎が及んだ範囲は約5300平方メートル。13日夜も消火活動は続いているが、再爆発の恐れもあり難航。行方不明者もおり、死傷者はさらに増える可能性もある。自宅が壊れた住民数千人が近くの学校や観光施設などで夜を過ごしている。

 13日会見した同区幹部によると、12日午後11時前、自動車が燃えているとの通報を受けた消防隊が現場に駆けつけると、積んであった多数のコンテナが激しく燃えており、午後11時半ごろ約30秒の間隔を置いて2度の大きな爆発が起きた。

 この間に次々と新たな消防隊が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら