[PR]

甲子園観戦記

 へー、球場の外に過去の優勝校の旗があるんですね。お父さんの母校の高松商(香川)もある。高松商が最初に優勝したのが大正14(1925)年ですか。歴史を感じますね。

 お父さんは高校1年生の時だった65回大会(83年)で甲子園に出場しました。元プロ野球巨人の選手ですが、家では野球の話をしません。トロフィーとかもないし、甲子園の土もありません。家に並んでいるのは私のグッズ。でも、お父さんに甲子園に行くことを伝えると、「選手に感情移入するよ。そういう雰囲気も含めて楽しんでおいで」と言われました。甲子園の熱気ってすごい。コンサートもたくさんの人が集まるけど、ちょっと違いますね。コンサートは見て楽しむものだから、こういう熱気じゃない。

 高校野球とAKB、通じるものがあると思います。今、選手たちは野球に人生をかけていると思う。AKBだって同じ。今、この瞬間に何かを残したいと思って頑張っているんです。

 鳥羽の部員は約80人、津商は約90人ですか。ベンチに入れる選手は18人なんですね。大変だな。私も今年1月、20人中16人のメンバーに入れなかった。レッスンでは「そこで見ててください」と言われてきつかった。お母さんに「やめたい」って言ったんです。そうしたら、「今やめると何も残らないまま、逃げたことになるよ」って言われた。それで頑張ったら、総選挙でもランクインした。特に後輩に負けるのはつらいと思うけど、背番号がもらえなかった選手には「やめなければ、何か得られる」って伝えたい。

 私ならあそこ(ネクストバッタ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも